暗闇でも勝手に電気をつけてくれるセンサーライトがめちゃ便利

生活

この記事のポイント

  • 電気の消し忘れが無くなる
  • 賃貸物件でも使える
  • 帰ってきた時に真っ暗闇になることがない

奥さんとの小競り合い

こんにちは、ハン辻たかし(@han2ji_takashi)です。

僕は 2017 年に入籍し、その年の夏から奥さんと一緒に暮らし始めました。

大学卒業してからそれまでの十数年間はずっとひとり暮らしを続けていたので、一緒に暮らし始めてからはまぁそりゃあいろいろと自分の思い通りにいかないこともあります。
ましてや初めての同棲だったので。

その中でも割とイライラしたのが

「電気の消し忘れ」

です。
いや、消し忘れてるの僕のほうなんですけどね。

ひとり暮らしのときは家帰ってきて電気つけっぱなしだったことに気づいても
「あ、つけたままやった。。。」
ぐらいだったんですが、一緒に住むようになってからはまぁ指摘を食らう食らう。

最初のほうは謝りつつ、「ちゃんと気をつけんとあかんな。」と自分でも反省してたつもりだったのですが、気をつけるレベルではどうにもならないらしく、その後も数え切れないほど消し忘れまくり。

いい加減その度にイライラするのはしんどいので、なんか良い方法はないかなぁと考えていたところ、「あ、センサー式とかにできひんかな?」と思いつきました。

人感センサーライトを導入

ということで早速 Amazon さんで検索してみると、お目当ての商品がありました。

センサー的なものはなんとなく大げさな設備が要ると思い込んでたんですが、
これだと電球取り替えるだけで済みます。
なので賃貸住みの人にもぜひおすすめです。

感度もバッチリで、全く不便なしです。

ひとり暮らしの方にもたぶんおすすめです。
玄関の電球をセンサーライトにしておけば、帰ってきて暗闇の中でガサゴソ電気のスイッチを探さなくて済みますし。

僕みたいによく消し忘れるお子さんがいる家庭にも良いです。
その度にママパパがイライラしなくて大丈夫になります。

口金の大きさにご注意!

買う時は電球の大きさ、というより口金(はめこむ部分)の大きさに注意してください。

いくつか大きさに規格があるみたいで、せっかく買った電球がはめられない。。。
ということにもなりかねません。

口金の種類と大きさについてはこちらのブログを参考にさせていただきました。
電球の口金サイズの種類、測り方を徹底解説。電球買いに行く前にチェックすべし!

わりと導入しやすいお値段だと思うので、お気軽にどうぞ!
我が家はこれで当分離婚しなくて済みそうです。

この記事を書いた人

大卒後、IT屋として14年。
得意言語は Java, C#。
新卒入社した会社で社会保険料を抜かれ続けていることも知らず、自分の無知さに呆れ2級FP技能士の資格を取得。
生き抜くためのお金と時間の使い方を発信していきます。
子育て中なので特に子育て世代に役立つ話題を中心に。
家計診断を始めとしたライフプランニング・ファイナンシャルプランニングのご相談いつでもどうぞ。
お問い合わせはこちらから。

ハン辻たかしをフォローする
生活
お金と時間のトリセツ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。