リボ払いは地獄への入り口

お金

こんにちは、ハン辻たかし(@han2ji_takashi)です。

みなさんは普段クレジットカードを使っていますか?
僕はクレジット払いゴリ押し派です。理由は単純で、

ポイントが貯まるからです。

現金でもクレジットでも同じ金額払うならそりゃポイント付くクレジット払いにしますよね。
ポイント還元率が高い楽天カードをすりきれるほど使ってます。

例えスーパーだろうがコンビニだろうがどこでも使います。
いちいち小銭取り出す手間も省けますし、時短にもなるんですよね。
スーパーやコンビニのように少額決済であれば今はほとんどサインレスで済みます。

そのクレジット払いですが、「リボ払い」で支払うのだけは絶っっっっ対にしてはダメです。

この記事のポイント

  • リボ払いをすると普段貯金してる分の利息なんて 1 秒で吹っ飛ぶ
  • リボ払いは借金と同じで、強制的に利子払わされてるのと同じ
  • 「毎月一定額の支払いで済む」代わりにめちゃくちゃ損させられてる

リボ払いって何?

リボ払いは「払う金額にかかわらず、毎月一定額を返済すれば OK な支払い方法」です。

例えば 10 万円の家電を買うと、1回払いの場合はその時点で(次の支払い日に)10 万円を支払う必要があります。

が、リボ払いの場合は好きな金額、例えば 1 万円だったら毎月 1 万円を 10 ヶ月間支払うことになります。
三井住友カードのリボ払いページに載っている画像がわかりやすいので載せておきます。

(https://www.smbc-card.com/mem/revo/revo21.jsp より引用)

これの何が怖いって、「えっ!毎月決まった額だけ払えばいいの!?じゃあそっちの方が負担少ないじゃん!」みたいな思考に持っていこうとしてるとこなんですよね。。

でも、トータルで見ると死ぬほど損しますから。

リボ払いでかかる手数料を計算してみた

じゃあどれほど「死ぬほど損」するものなのか見ていきましょう。

またまた三井住友カードさんの画像を拝借。

(https://www.smbc-card.com/mem/revo/revo21.jsp より引用)

これ見た時に、
「いや。。。トータルで手数料いくらかかるか書いといてよ。
って思いました。
というのに加えて、初回お支払いの手数料0を強調してるとこに劇的ないやらしさを感じます。
全然強調するとこじゃないし。

仕方がないので、手数料がトータルでどれだけかかるか自分で計算してみました。
Excel で簡単に作ったものなので、あまり見栄えはよくありませんが。。


細かい計算部分については見てもあまりよくわからないと思うので、とりあえず右下の数字だけ見てもらえれば OK です。

5 万円のモノを買って毎月定額 1 万円払い、利率が 15 % だとすると、
なんとトータルで 1,796 円も手数料を払わないといけないことになります。

めちゃくちゃ良いランチ食べれるやん。
リボ払いしてる人と全部 1 回払いにしてる人比べたら、全部 1 回払いにしてる人がタダでめちゃくちゃ良いランチ食べられるようなもんやん。

カード払いはおすすめだけど、必ず「1回払い」が原則!

間違えてほしくないのは、「リボ払い」がダメだということです。
カード払いそのものは悪いものではなく、むしろ積極的に使っていって欲しいです。

ただその場合は原則「1回払い」のように、手数料のかからない支払い方法を選ぶこと

クレジットカード使うのなんか怖いって人は、デビットカードがおすすめです。
使った瞬間に銀行口座から引き落とされるので、現金と同じ感覚で使えますよ。

この記事を書いた人

大卒後、IT屋として14年。
得意言語は Java, C#。
新卒入社した会社で社会保険料を抜かれ続けていることも知らず、自分の無知さに呆れ2級FP技能士の資格を取得。
生き抜くためのお金と時間の使い方を発信していきます。
子育て中なので特に子育て世代に役立つ話題を中心に。
家計診断を始めとしたライフプランニング・ファイナンシャルプランニングのご相談いつでもどうぞ。
お問い合わせはこちらから。

ハン辻たかしをフォローする
お金生活
お金と時間のトリセツ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。