年収400万円と600万円ではどちらが幸せか?

お金

この記事のポイント

  • 年収が高くても働く以外に使える時間は?
  • 転職時の「年収○○○万円」のワナ
  • 働く時間ともらえるお金のどちらも考えよう

年収600万円のほうが幸せ?

こんにちは、ハン辻たかし(@han2ji_takashi)です。

みなさんは「年収400万円」「年収600万円」と聞いて、どちらのほうが幸せだと思いますか?

普通に考えれば、当然「年収600万円」ですよね。

そりゃお金いっぱいあるほうがやりたいこともすぐできるし、
家のローンも組みやすいし(審査に通りやすいし)。

人生、お金がすべてなわけではないけれど、
やっぱり人生においてお金は極めて大きな意味を持っています。

じゃあ年収が高ければ高いほうが幸せだと言い切れるでしょうか?

あなたは年間どれぐらいの時間働いていますか?

年収に関する話題はとかく人とは話しづらいものです。

それがたとえ友達であっても、いや、友達だからこそなおさら言いにくいかもしれません。
全く抵抗なく「あぁ、おれの(わたしの)年収って○○○万円。」
と言える人はなかなかいないでしょう。

仮に友達の年収を知り、またそれが自分の年収よりはるかに上だった場合でも
焦ることは(?)ないかもしれません。

なぜなら、友達のほうがあなたより働いている時間が多いかもしれないからです。

1時間でどれだけ稼げるか?

冒頭の話に戻しましょう。

年収 400 万円の人が、年間 1,800 時間働いているとします。
月あたりの時間に直すと、1,800 ÷ 12 = 150 時間 になります。

一方、年収 600 万円の人はもう少し忙しく、年間 2,700 時間働いています。
月あたりの時間に直すと、2,700 ÷ 12 = 225 時間です。

整理すると、下の表のようになります。

 年収400万円年収600万円
一年あたりの労働時間18002700
一月あたりの労働時間150225
一日あたりの労働時間(※)7.511.25
時給2222 円2222 円
(※ 1ヶ月あたりの働く日数を 20 日として計算)

このケースの場合、どちらも 1 時間あたりに稼いでいるお金は同じ金額です。
年収 400 万円の人は毎日 9:00 ~ 17:30、
年収 600 万円の人は毎日 9:00 ~ 21:00 程度まで働いているイメージなので
(いずれも休憩時間の 1 時間を除く)、それほど非現実的な数字でも無いでしょう。

時間が多いかお金が多いか

就職活動でも転職活動でも、求人サイトには「年収○○~○○万円」という情報が載っています。
でもあれって、年間どれぐらいの時間働くかの情報がほぼ載ってないので、意味無いんですよね。
いくら年収が高くてもめちゃくちゃ時間を拘束されると何のために働いてるかわかんなくなりますし。

年収 400 万円で、空いてる時間を家族サービスに使ったり自己投資に使うか、
はたまた年収 600 円で日々の暮らしの質を上げるか。

これには正解はありません。

自分の価値観に合った働き方ができるように、
お金だけじゃなく、働くことにどれぐらいの時間を投入する必要があるかも考えましょう~

この記事を書いた人

大卒後、IT屋として14年。
得意言語は Java, C#。
新卒入社した会社で社会保険料を抜かれ続けていることも知らず、自分の無知さに呆れ2級FP技能士の資格を取得。
生き抜くためのお金と時間の使い方を発信していきます。
子育て中なので特に子育て世代に役立つ話題を中心に。
家計診断を始めとしたライフプランニング・ファイナンシャルプランニングのご相談いつでもどうぞ。
お問い合わせはこちらから。

ハン辻たかしをフォローする
お金時間
お金と時間のトリセツ

コメント

  1. […] 関連記事:年収400万円と600万円ではどちらが幸せか? […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。