スマホアプリのWhoscallがめちゃくちゃ便利な話

時間

この記事のポイント

  • スマホアプリの Whoscall が誰からの電話か教えてくれる
  • 怪しい電話かどうかも教えてくれる
  • 無料で使える

知らない電話番号からかかってきたら。。。?

みなさんは知らない電話番号から電話がかかってきたら出ますか?

僕は一切出ません
そういうのってほんといい電話だったことほぼ無いんですよね。
ほんとに必要な用事があるのならあとから何回もかけてくるでしょうし、知らない番号はほっときます。

とはいえ、かけてきた電話番号がどこの誰なのかは結構気になります。

Whoscall がどこの誰なのかを教えてくれる

自分のケータイ・スマホに登録している電話帳の相手からかかってきたら、その人の名前が表示されるじゃないですか?

もう今では当たり前すぎる機能になってますけど、僕が初めて PHS(古い!) を持った時にはこの機能にたいそう感動したものです。

で、Whoscall というアプリを使えば、電話帳に登録していなくても誰からの電話なのかを表示してくれます。
こんな感じで。

これほんと便利です。
百発百中とまではいかないのですが、体感では 10 件かかってきたら 8 件ぐらいはどこからの電話かを正確に表示してくれます。

特に公的な機関なんかはかなり精度高いですね。
これがあることで電話を全無視しなくて済むようになりました。

着信履歴

上の画像は僕の着信履歴ですが、もちろんどれも電話帳には登録していません笑
whoscall が勝手に表示してくれるので、電話がかかってきた時に出るか出ないか簡単に判断できます。

怪しい電話を教えてくれる

さらに、電話がかかってきた時に Whoscall がデータベースを照合し、怪しい電話番号かどうかも教えてくれます。

画像を見てもらえればわかりますが、表示の下の方に「そのまま受信拒否」という部分があるので、怪しい電話の場合この部分を即スワイプ&ブロックです。

どこから漏れてるのかよくわかりませんが、僕の場合は不動産会社の営業からちょいちょい電話かかってくるので、即ブロックできてめちゃ楽ちんです。

Android は無料。iOS は有料

お金払ってもいいぐらい便利なアプリですが、Android の場合は無料で使えます。
はー便利な世の中。

ただ、iOS の場合は月額 200 円がかかってしまうそうです。
この点はインストールするかどうか悩みますね。。。なぜ Android と iOS で価格に差が?

ということで、ムダな電話に付き合わされる時間もストレスもなくなりますよ~
ぜひインストールどうぞ。

Google Play で Whoscall をダウンロードする

App Store で Whoscall をダウンロードする

この記事を書いた人

大卒後、IT屋として14年。
得意言語は Java, C#。
新卒入社した会社で社会保険料を抜かれ続けていることも知らず、自分の無知さに呆れ2級FP技能士の資格を取得。
生き抜くためのお金と時間の使い方を発信していきます。
子育て中なので特に子育て世代に役立つ話題を中心に。
家計診断を始めとしたライフプランニング・ファイナンシャルプランニングのご相談いつでもどうぞ。
お問い合わせはこちらから。

ハン辻たかしをフォローする
時間生活
お金と時間のトリセツ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。